スマートフォンやタブレットと連携することで、生きた知識を、深く学べる。新ネットワーク学習システム「クラブエクスワード」。
スマートフォンやタブレットと連携することで、生きた知識を、深く学べる。新ネットワーク学習システム「クラブエクスワード」。

クラブエクスワードは、EX-word(以下、本体機器)とスマートフォンやタブレットとの連携を実現することで、本体機器だけでは 実現できなかったユーザー同士のつながりを可能にし、様々な学習支援を提供するクラウドサービス。
ユーザーの学習履歴から学びのトレンドを把握したり、過去の検索履歴から自分の学習進捗を確認したり、様々な学習サポート機能を利用することで、学習の幅を広げることができます。

本サービスは、QRコード®表示機能を有する本体機器が対象となります。
また、本ページにおける全ての画面は、提供時期によって実際のサービスとは異なっている場合がございます。
QRコード®は(株)デンソーウェブの登録商標です。

クラブエクスワードアプリの特長

本体機器と連動したクラウドサービスを
利用するための専用アプリ

クラブエクスワードアプリは、本体機器に表示されたQRコード®を読み取ることで、本体機器単体では実現できなかったEX-wordユーザ同士のつながりを可能にし、様々な学習支援サービスを利用することができる専用アプリです。

本アプリは多くの機能をオンライン環境を前提としています。ネットワーク状況により、アプリを利用できない場合やアプリの動作などが遅くなる場合があります。あらかじめご了承ください。
本アプリを利用するうえで、アプリのダウンロードや動画閲覧などを中心としたサービスには別途通信料がかかり、お客様のご負担となります。また、本サービスは、ネットワークやサーバーを用いて運用するサービスとなります。メンテナンス等、予告なくサービスを一時利用中止する場合がございます。あらかじめご了承ください。

クラブエクスワードアプリのダウンロードはこちらから

*アプリインストール後の本体機器操作は、主な機能 - 準備篇をご覧ください。
*App StoreはApple Inc.のサービスマークです。
*アプリインストール後の本体機器操作は、主な機能 - 準備篇をご覧ください。
*AndroidおよびGoogle Playは、Google Inc.の商標です。

QRコードの読み取りで、ネットワークと連携

本体機器に表示されたQRコードを クラブエクスワードアプリで読み取ることで、スマートフォンやタブレットと連携した活用ができます。

QRコードの読み取りで、ネットワークと連携

学んだ言葉と連動した学習支援サービスが利用できる

本体機器で調べた言葉に関連した学習機能を、クラウド上で提供。クラブエクスワードアプリを通じて、あなたの学習を、より効率的に、より深く学べるようサポートします。

学んだ言葉と連動した学習支援サービスが利用できる

取扱説明書をスマートフォンなどで手軽に閲覧

QRコードを読み取って、本体機器をクラブエクスワードアプリに登録すれば、その機種の取扱説明書をPDFファイルとしてダウンロードし、スマートフォンやタブレットで閲覧することができます。

PDFファイルの閲覧に関しては、お使いのスマートデバイス環境に沿ってご利用ください。

アプリケーションの利用シーン

SCENE 1帰宅時のスキマ時間で、振り返り学習!

授業で学んだ言葉を電子辞書で調べたら、帰宅前にスマートフォンでQRコードを読み取り。帰宅途中に、クラブエクスワードで、手軽に振り返り学習ができます。今日学んだ言葉を簡単に確認でき、言葉の定着率アップにつながります。

その日に調べた単語が、リスト表示で一目瞭然。帰宅途中に確認できる!
意味を忘れた単語や、気になる言葉にチェックマークを付けて、苦手を克服!
帰宅後、チェックした言葉を本体機器の辞書機能で再検索し、しっかり復習!
SCENE 1 帰宅時のスキマ時間で、振り返り学習!

SCENE 2他人が調べた単語を確認して、自己学習に気付きを!

ユーザーの学習履歴から「検索ランキング」や「この単語を調べた人はこんな単語も調べています」など、学びのトレンドをチェック。他人が調べた言葉で自分が調べていない単語がすぐにわかり、知らない単語を減らすのに役立ちます。

検索日や未検索単語のハイライト表示から、その単語を過去に調べたか一目でわかる!
未検索で意味がわからない単語は本体機器の辞書機能で確認し、知らない単語を減らす!
QRコードの読み取りで、単語がヒストリー登録され、覚えるまで何度も学習できる!
SCENE 2 他人が調べた単語を確認して、自己学習に気付きを!

SCENE 3学習動画で、自分が調べた単語の理解を深める!

クラブエクスワードのヒストリーに登録された単語のなかで、重要度の高い単語を解説動画でさらに詳しく学習できます。単語の意味だけでなく、使い方などのポイントまでわかり、実践的なボキャブラリーが身につきます。

ジーニアス英和辞典<大修館書店>で調べた重要英単語を人気講師ベリタス・アカデミー坂木俊信先生が動画で解説!
対訳だけでなく、調べた英単語をさらに深く理解できる!
坂木先生からのメッセージ
動画(サンプル)

SCENE 4English Training Gymで、あなたの英語学習計画をサポート

本体機器のEnglish Training Gym機能で表示される学習進捗情報を、アプリでも確認することができます。また、他の学習ユーザーの進捗度も平均値として表示されるので、学習が遅れているコンテンツを一目で確認することができ、あなたの学習計画をサポートします。

トレジムプラン、ボキャブラリー、リスニング、スピーキング、英語応対能力検定の進捗が対象です
一目で英語の学習達成度が分かる進捗管理機能!
学年/業種別に他の学習ユーザーの学習進捗度を平均値表示!
他ユーザーとの進捗比較が、あなたの英語学習計画をサポートします!
English Training Gymで、あなたの英語学習計画をサポート

SCENE 5教室や仲のいいグループで学習状況を共有

「クラス」機能を使えば、あなたの生徒やあなたの友達が、English Training Gymをどこまで学習したかをまとめて管理することができます。 また、コンテンツの終了予定日(いつまでに終了させたいか)を設定すれば、進捗基準メーターが起動し、終了予定日に向けた進捗目安が毎日更新されます。

終了予定日はクラスの作成者のみ設定/変更することができます
進捗基準、平均進捗、個人進捗を一覧で表示!
進捗基準や身近な人との進捗比較が、あなたの学習計画をサポート!
検索ランキングやEnglish Training Gymからクラス内での結果を表示することもできます!
SCENE 4 教室や仲のいいグループで学習状況を共有

主な名称

TOP画面 ①QRコード
②学習&チェック ③クラス
④EX-word取扱説明書 ⑤設定
⑥オンラインヘルプ ⑦学習カレンダー

QRコード

本体機器のデータ*を読み取ると、そのデータをもとに「学習&チェック」などのサービスが利用できます。また、本体を初めて読み込む際に、 本体機器とアプリケーションとの登録を行います。

データとは、本体端末ID・機種ID・登録済みの辞書ヒストリーに関する情報などを指します。原則として、取得したデータは本サービスの運用以外の目的には使用しません。
本体機器1台あたりに対し、利用できるアプリ数(スマートデバイスの台数)の上限があります。2017年2月9日現在、本体1台あたりに対し、利用できるスマートデバイスの台数(アプリ数)は10日間で最大5台です。
1つのアプリに対して、登録できる本体機器は1台までとなります。登録済みの機器とは別の機器で表示したQRコードを読み取った場合には、読み取った機器が再登録され、「学習&チェック」や「EX-word取扱説明書」などの機能は、すべて再登録された本体機器が対象となります。

学習&チェック

QRコードの最新読み込みデータをもとに、様々な学習支援サービスが利用できます。詳しくは 主な機能-使い方編をご覧ください。

クラス

複数人のQRコードの最新読込みデータを、クラス単位で管理する機能です。詳しくは 主な機能-使い方編をご覧ください。

EX-word 取扱説明書

QRコードの最新読み込みデータをもとに、製品名を確認することなく、「EX-word機種別取扱説明書(PDF)」をダウンロードすることができます。

PDFファイルの閲覧に関しては、お使いのスマートデバイス環境に沿ってご利用ください。

設定

クラブエクスワードアプリにおける各種設定を行います。

画面はiOS版のものです

オンラインヘルプ

本ページを表示します。

学習カレンダー

学習履歴をカレンダー上で確認します。

主な機能-準備編

本体機器上にQRコードを表示する/クラブエクスワードアプリで読み取る

QRコードでの転送は本体機器のデータと、クラブエクスワードアプリに表示するデータを同期する通信方式ではありません。また、QRコードとして転送できる情報には上限があります。
クラブエクスワードの機能を有効活用するために、“1日1回の定期的なQRコード読み取り”をおすすめします。

操作方法

ホーム画面にある機能メニューを選択。
お気に入りコンテンツに「クラブエクスワード」が登録済みであれば、すぐにQRコードを表示することができます。
本ページでの電子辞書の画面は、XD-G4800の画面となります
機能メニューの中から「クラブエクスワード」アイコンを選択。
〈QRコード初回表示時〉「専用アプリ「クラブエクスワード」を使って読み取る」を選択し、確認メッセージで「はい」を選択します。
本メッセージ画面は、一度選択すると次回以降表示しません。ただし、メッセージ画面が表示されなくても QR コードの表示切り替えは変更可能です。
「一般のQRコードリーダーを使って読み取る」を選択した場合に表示されるQRコード(Ver.3)、「クラブエクスワード」アプリ以外のQRコードリーダーで読み取った場合は、本ページへジャンプします。
画面にQRコード(Ver.40)が表示。スマートデバイスのクラブエクスワードアプリ上で「QRコード」メニューを選択し読み取ります。
スマートデバイスの設定でカメラへのアクセスが許可されていることをご確認の上ご利用ください。
QRコードが読み取れない場合は「連結QRコードを表示」をタッチして、データを2つに分けたQRコードを順番に読み取ってみてください。
(更新される情報は1つで表示していた時と同じです)
「連結QRコードを表示」する機能はXD-G、XD-JTG、XDR-B、XDR-Sシリーズが対応しています

主な機能-使い方編

「学習&チェック」機能を使う

QRコードを読み込んだ後、クラブエクスワードで以下のサービスを利用できます。

ヒストリー

あなたが調べた言葉と関連のある動画や単語のリストを表示します。

以下の画面はXD-G4800と連携した画面となっております

機能1:チェック機能で、あなたが調べた言葉をわかりやすくリスト化!

操作方法

「学習&チェック」機能のメニュー画面を表示。メニューから「ヒストリー」を選択。
本体機器上の学習データを更新するため、あらかじめクラブエクスワードアプリでQRコードを読み取ってください。QRコードを読み取ると、「学習&チェック」の画面へ自動遷移します。
その後クラブエクスワードアプリのメニューから「学習&チェック」を選択します。
本体機器上に登録されている、検索済み単語リスト(ヒストリー一覧)が表示されます。
単語リストで表示対象となるコンテンツは、こちらでご確認ください。
アプリ上で表示できる単語リスト上の見出し語数は、直近3000件となります。
直近3000件内での検索回数に応じて単語がハイライト表示されます(XD-G、XD-JTG、XDR-B、XDR-Sシリーズと連携している場合)。
本体同様、検索(データ送信)された言葉は、最新情報のみ単語リスト上で表示します。(原則として、単語リスト上で同辞書の同見出し語が重複して表示されることはありません。)
また、一部のスマートデバイスでは本体機器上での表示とフォント(文字の形)が異なる場合がございます。
ヒストリー一覧に対し、チェックや絞り込み表示を行うことができます。
リスト表示された見出し語に対し、任意で「チェック」することができます。
選択ボックスをタップして見出し語を選択し、左下の「チェック項目に登録」ボタンをタップすると見出し語の上に「登録マーク」が表示されます。(登録完了前に画面遷移すると、選択状態等の情報はリセットされます。)
絞り込みフィルタ①で、コンテンツ単位で見出し語を絞り込み表示
絞り込みフィルタ②で、関連動画のある見出し語やチェック済みの見出し語等を絞り込み表示

機能2:あなたが調べた単語と連動した学習動画を表示!

操作方法

は機能1と同じ操作を行います。
動画アイコンが表示されている見出し語について、関連する学習動画を見ることができます。
動画アイコンをタップすると、すぐに動画の再生がスタートします。
見出し語をタップすると、動画のサムネイル画像を表示。画像をタップすると動画の再生が始まります。
2017年2月9日現在、重要900単語に対する学習動画を提供しています。また学習動画は、ジーニアス英和辞典 第5版<大修館書店>で調べた単語に対して、ベリタス・アカデミーの坂木俊信先生による英単語の意味や用法を解説した動画となります。
学習動画は、ストリーミング形式による配信となります。オンライン環境でのご利用が必須となり、動画以外も含めた本サービスの利用に際して、別途パケット通信料がかかります。ご利用の際は、各通信事業者のパケット定額サービスをご利用いただくことを推奨します。

パケット通信量 7GB制限の場合

1日230MBご利用いただいた場合、およそ月間(30日間)で7GBのご利用となります。本サービスで1日230MBを利用するには、動画再生のみで試算すると、80分程度の視聴が可能です。

1ヶ月であれば、40時間の視聴が可能です。(ただし、メールやインターネットページの閲覧、その他のダウンロードの通信料を除きます。)

機能3:あなたが調べた単語と連動したおすすめ検索単語をリスト表示!

操作方法

は機能1と同じ操作を行います。
見出し語をタップすると、他のユーザが一緒に調べている単語がリスト表示されます。
あなたが検索していない単語をハイライト表示
未学習の単語を本体機器で検索することで、効率よく単語学習ができます。
QRコードを読み取るタイミングで集計された単語の情報などを用いて、自動的に判断した情報を表示しています。表示されている単語が、教育上、関連のある単語としておすすめ表示をしているわけではありません。
一部の単語では「関連語」をタップすることで、その単語の関連語も確認することができます。
類義語、反意語、派生語といった関連語を一緒に学ぶことができます。
タップした単語が「関連語」に対応している場合には、吹き出しでメッセージが表示されます
2017年2月9日現在、ジーニアス英和辞典の重要2119単語に対応しています。

検索ランキング

「クラブエクスワード」ユーザーで、英和辞典の検索語ランキングを作成。

QRコードの読み取り前は、「ジーニアス英和辞典」「ウィズダム英和辞典」「オーレックス英和辞典」を対象としたランキングを表示します。
QRコードの読み取り後は、読み取った本体機器に搭載されているコンテンツを対象としたランキングを表示します。

操作方法

「学習&チェック」機能のメニュー画面を表示。メニューから「検索ランキング」を選択。
ネットワーク上で集計された検索ランキングが表示されます。
前回からの変化と合わせて、最新の検索動向が確認できます
ランキングはAM0:00時点での集計結果となります。また、ランキングデータの反映には一定時間がかかります。
集計期間は日曜日~土曜日(週間)、月初~月末(月間)となります。
コンテンツの開発時期によって、ランキングの集計対象などが異なる場合があります。
検索ランキングで表示できる見出し語数は、同率を含めて100件までです。
検索ランキングに対し、絞り込み表示を行うことができます。
あなたが検索していない単語をハイライト表示
未学習の単語を本体機器で検索することで、効率よく単語学習ができます。
絞り込みフィルタ①で、「週間」または「月間」の検索ランキングを絞り込み表示
絞り込みフィルタ②で、中学3年生など、学年や職業単位での検索ランキングを絞り込み表示
絞り込みフィルタ③で、コンテンツ単位での検索ランキングを絞り込み表示
気になるランキング単語をチェック登録しておくことができます。
選択ボックスをタップして見出し語を選択し、「チェック項目に登録」ボタンをタップします
登録後はリスト上に登録マークが表示されます。
登録した単語はヒストリー機能からまとめて確認することもできます。

学習動画

重要単語の語義や用法を解説動画で確認。

操作方法

「学習&チェック」機能のメニュー画面を表示。メニューから「学習動画」を選択。
サムネイル画像をタップすると動画の再生がスタート。
動画コンテンツは、「ヒストリー機能」などで閲覧できるコンテンツと同じものです。今日のピックアップ動画の更新順序に関しては、出版社提供情報をもとに更新しています。
 
フィルタをタップして、リストに表示する動画を絞り込み。
2017年2月9日現在、動画対応しているコンテンツはジーニアス英和辞典となります。

English Training Gym

English Training Gymの進捗情報を、他の学習ユーザーの情報とともにアプリで確認することができます。

機能1:カテゴリごとの一覧画面で確認する

操作方法

「学習&チェック」機能のメニュー画面を表示。メニューから「English Training Gym」を選択。
本体機器上の学習データを更新するため、予めクラブエクスワードアプリでQRコードを読み取ってください。QRコードを読み取ると、「学習&チェック」の画面へ自動遷移します。
その後、クラブエクスワードアプリのメニューから「English Training Gym」を選択します。
本体機器上のEnglish Training Gymのデータが表示されます。
本体機器上のEnglish Training Gymのデザインとは異なります。
「みんなの平均進捗」には、他の学習ユーザーの進捗情報が表示されます。
職業・学年フィルタで、「みんなの平均進捗」に表示する進捗情報の対象を切り替えることができます。
「あなたの進捗」の値が、「みんなの平均進捗」の値よりも低かった場合には、赤色表示でアラートされます。

機能2:コンテンツごとにグラフ表示で確認する

操作方法

カテゴリごとの一覧画面からコンテンツ名をタップ。
タップしたコンテンツに関する学習進捗の推移がグラフで確認できます。
画面右上の「他者と比較」タブをタップ
みんなと比べて自分の学習がどの程度進んでいるかをグラフで確認できます。

「クラス」機能を使う

「クラス」機能では、クラスに参加した人のEnglish Training Gymの学習進捗や、クラスの平均学習進捗を確認することができます。

また、コンテンツの終了予定日(いつまでに終了させたいか)を設定することで、終了予定日に向けた進捗目安を確認することもできます。

クラス機能を使う

クラスを作成する

学習進捗情報を管理するためのクラスを作成します。

クラスを作成する
クラスを作成する

操作方法

「クラス」の画面で、画面右上の「+」をタップします。
クラスは30個まで作成することができます。
「クラスの新規作成」の画面で必要な情報を入力し、「作成」を選択します。
クラスの名称とクラスの説明を自由に記載することができます。
「メンバー間の閲覧が可能」をONにすると、クラスのメンバーが相互に学習進捗を確認ができるようになります。
初期設定のOFFの状態ではクラス作成者のみがメンバーの学習進捗を確認できます
クラス作成後、続けて自分の学習進捗情報をクラスに登録することができます。登録する場合には「登録する」を選択します。
自分の学習進捗情報を登録したくない場合や、電子辞書をお持ちでない場合には、「登録しない」を選択してください。
自分の学習進捗情報をクラスに登録する際には、ニックネームを入力して、「登録」を選択してください。
「キャンセル」を選択すると、クラスのみが作成され、あなたの学習進捗情報は登録されません。

クラス情報を確認/編集する

クラスの情報を確認したり、編集することができます。

クラス情報を確認する

クラス情報を確認する

操作方法

「クラス」の画面で、作成したクラスに表示された情報ボタンをタップして、クラス情報を表示します。
クラス作成者のみ「編集コード」を確認することができます。

クラス情報を編集する

クラス情報を編集する

操作方法

「クラス詳細」の画面で、「クラス情報編集」ボタンをタップします。
*
クラス作成者以外の人は、「編集コード」の入力が求められます。
*
クラス作成者のみ「編集コード」を確認することができます。
各項目を編集して、「更新」ボタンをタップします。

作成したクラスに登録してもらう

クラスの作成が完了したら、他の人の学習進捗情報を管理するために、クラスに登録してもらう必要があります。

クラスに登録してもらうためには、作成したクラスのQRコードかクラス番号を案内して、登録してもらいたい人のスマートデバイスで、以下の登録操作を行なう必要があります。

クラス番号/クラスQRコードを表示する

作成したクラスに登録してもらう

操作方法

「クラス」の画面から「情報アイコン」をタップし、「クラス詳細」画面を表示します。
「クラス番号」の項目で、16桁のクラス番号を確認することができます。
画面下部の「メール送信」アイコンをタップすると、メールでクラス番号を送信することができます。
「QRコード表示」のボタンをタップすると、クラスQRコードが表示されます。
クラスQRコードは画像として表示され、お使いのブラウザによっては保存することができます。
*
保存方法は、お使いのブラウザの使用方法をご参照ください。

クラス番号を使用してクラスに登録する

クラス番号を使用してクラスに登録する

操作方法

「クラス」の画面で、「クラス番号入力」ボタンをタップします。
登録したいクラスのクラス番号を入力します。
ニックネームを入力し、「登録」ボタンをタップします。
*
事前に電子辞書のQRコードを読み取ったことがない場合には、ニックネームの入力の前に、電子辞書上で表示されたQRコードの読み取りが必要となります。

クラスQRコードから、クラスに登録する

クラスQRコードから、クラスに登録する

操作方法

「クラス」の画面で、「クラスQRコードを読み取り」ボタンをタップします。
登録したいクラスのクラスQRコードを読み取り、「登録する」をタップします。
ニックネームを入力し、「登録」ボタンをタップします。
*
事前に電子辞書のQRコードを読み取ったことがない場合には、ニックネームの入力の前に、電子辞書上で表示されたQRコードの読み取りが必要となります。

学習進捗情報を確認する

クラスに登録した人のEnglish Training Gymの学習情報を、一覧で確認することができます。

English Training Gym学習進捗を確認する

Training Gym学習進捗を確認する

操作方法

「クラス」の画面で、クラス名をタップします。
ニックネームをタップすると、その人の学習カレンダーを表示することも可能です。

終了予定日を設定する

終了予定日を設定する

操作方法

終了予定日欄の[--------]をタップします。
終了予定日を選択します(日付がセットされます)。
更新ボタンをタップします。
*
日付のセットだけでは進捗基準メーターは起動しません
*
更新ボタンをタップすることで終了予定日に向けた進捗基準メーターが起動します
*
終了予定日の設定はクラスの作成者のみが行えます

終了予定日を変更する

終了予定日を変更する

操作方法

終了予定日欄に表示された日付をタップします。
変更する終了予定日を選択します(日付がセットされます)。
更新ボタンをタップします。
*
日付のセットだけでは変更は反映されません
*
更新ボタンをタップすることで変更後の終了予定日に向けた進捗基準メーターが起動します
*
終了予定日の変更はクラスの作成者のみが行えます

終了予定日をリセットする

終了予定日をリセットする

操作方法

リセットボタンをタップします。
確認ダイアログで「はい」をタップします。
*
進捗基準メーターは初期化されます
*
終了予定日のリセットはクラスの作成者のみが行えます

ニックネームを編集する

「クラス詳細」の画面において、クラスに登録した自身のニックネームを編集することができます。

ニックネームを編集する

操作方法

「クラス」の画面で、「情報アイコン」をタップし、「クラス詳細」の画面を開きます。
「登録情報編集」のアイコンをタップします。
*
クラス作成者がクラスに登録していない場合には、「クラスへ登録」アイコンが表示されます。「クラスへ登録」アイコンをタップすると、自身の学習進捗情報をクラスに登録することができます。
ニックネームを編集し、「更新」ボタンをタップします。

クラス情報を削除する

「クラス詳細」の画面において、作成したクラスの情報の編集と削除を行うことができます。

クラス情報を削除する

操作方法

「クラス」の画面で、「情報アイコン」をタップし、「クラス詳細」の画面を開きます。
画面右上のゴミ箱アイコンをタップします。
画面の指示に従い、削除を行ないます。
クラス作成者が削除を行なった場合には、クラスそのものが削除されます。(クラスに登録した人全員が、そのクラスから登録を解除されます。)
クラス作成者以外が削除を行なった場合には、その人のアプリからのみクラス情報が削除され、その人のみがクラスから解除されます。

動作環境

スマートデバイスに関して

オートフォーカス機能
QRコードの読み取りには、オートフォーカス機能を搭載している機種を推奨しています。
*オートフォーカス機能が非搭載の機種では、読み取れないことがあります。
カメラ(動画)機能
QRコードの読み取りには、720p以上の性能を要する機種を推奨しています。(動作検証済み:720pおよび1080p)

本体機器に関して

明るさ設定
QRコードが読みづらいときは、本体機器の液晶パネルの明るさを調整してください。
液晶パネルの明るさ調整は、[ホーム画面の設定]→[液晶パネル]→[明るさ]で変更できます。

読み取り環境に関して

読み取り可能なQRコード
クラブエクスワードアプリでは、本体機器上に表示されたQRコードのみ読み取ることができます。(汎用のQRコードを読み取るアプリとしてはご利用できません。)
読み取り距離
QRコードが枠内いっぱいにおさまるように、ゆっくりと距離を近づけたり戻したりしながら読み取ってください。

※QRコードにオートフォーカスが合いにくい場合は、ズームスライダーを少し右に動かして(拡大して)から読み取ってください
読み取り角度
カメラのレンズと本体液晶パネルとの角度を、0°に保って読み取ってください。万一読み取れない場合は、角度を0~15°の範囲で変えてください。

照度
QRコードを読み取る際、十分な明るさ(200lx以上)が確保できる場所で読み取ってください。暗い場所ではQRコードが読み取れないことがあります。
光の映り込み
QRコードの読み取る際は、表示しているQRコードに光が映りこまないようにしてください。光が映り込んでいると、QRコードを読み取れないことがあります。

※スマートデバイスを動かす際に光が映り込みやすい場合は、ズームスライダーで少し拡大してから読み取ってみてください